Saturday, March 25, 2023

18ホール営業じゃゴルファーは増えない!? オーストラリア人プロが思う「日本ゴルフ界の改善点」とは?

子供でも格安でプレーができるゴルフ場がもっと必要

 団塊世代の大量リタイヤによる、日本のゴルファー人口減少が囁かれる昨今ですが、日本と海外のゴルフ事情はどのように違うのでしょうか。

 オーストラリア出身のプロゴルファー、マイケル・トモヤ・スミス氏に日本とオーストラリアのゴルフ事情の違いについて話を聞きました。

 マイケル氏は日本のゴルフ人口を増やすには、金銭的なハードルを下げることとジュニア世代からよりゴルフへ触れることができる環境作りが大切といいます。

【写真22点】ゴルフ場に行きたくなる! テーラーメイド×ユナイテッドアローズ全17アイテムを見る

 ツアープロの経験を持ちジュニアレッスンにも携わっているマイケル氏にオーストラリアでのゴルフ事情について聞くと。

「日本でいう会員権、ゴルフ場のメンバーになるには年会費の約10万円を払えばなれます」その金額を払えば基本的に追加のプレーフィーは必要のないゴルフ場があり、格安でゴルフができるというわけです。

 日本ではメンバーになり年会費を払っても、プレーに行けばその都度お金がかかります。オーストラリアではジュニアや24歳以下のヤングメンバーは、年会費が安く設定されていてゴルフを始めやすい環境になっているそうです。

 日本で子供の頃からゴルフを始めようとすると、野球やサッカーなどに比べてお金がかかるのが現状です。このように費用面や若い世代のゴルフ環境に大きな違いがあるようです。

環境が整えば「親にやらされている」ジュニアゴルファーは減る!?

 メンバーライフも大きく違うといいます。日本のゴルフ場には、基本的にプレーする人しか入ることができません。ところがオーストラリアでは、クラブハウスにスロットや競馬の馬券が買える施設などがあり、ゴルフ以外の娯楽を楽しむことができます。レストランもゴルファー以外の利用が可能だそうです。

 ジュニアゴルファーの環境も充実していて、ゴルフ場にはジュニア用のレンタルクラブが用意されていて、学校帰りにハーフや3~4ホールだけでもプレーができるので、気軽にゴルフを楽しめる環境だそうです。

 ジュニアレッスンも行っているマイケル氏は、フラフープを使ったレッスンを行うなど子供たちにはとにかく楽しんでもらうことで、ゴルフを好きになってもらうことが大切だといいます。日本ではゴルフを楽しむより、親にやらされている雰囲気の子供さんが多いと感じるそうです。

「ザ・ファーストティー・プログラム(TFT)」の普及も大事だといいます。アメリカ発祥で子供たちにゴルフを通じた教育プログラムとして誕生したTFT。一部のゴルフ場で行われているものの、運営に携わるボランティア不足もありなかなか普及しないこともジュニア環境がよくならない原因だといいます。またジュニアレッスンはビジネスの観点でもあまりお金になりにくいという側面もあるようです。

コーチとの間に「上下関係」を感じると上達まで時間がかかる

 レッスンをするうえでも日本とオーストラリアでは大きく違うそうです。オーストラリアのゴルファーはフランクでストレートな性格の人が多く、教える側もベストな練習法が探りやすいそうです。

 逆に、日本のゴルファーはプロと生徒の間に上下関係を感じていることが多く人柄がわかりにくいため、その人に合った方法を探るためにレッスンの回数がある程度必要になるそうです。

 さらに、練習場で多くの時間を過ごし、スイングやクラブスペックなど細かい部分を気にする人も多いといいます。オーストラリアでは練習場よりもコースに行く回数の方が多い傾向だそうです。

 オーストラリアでも格安でプレーできるゴルフ場は、日本と比較してメンテナンスで劣る部分はあるそうです。しかし、気楽にゴルフができる環境は、ゴルフを始めるハードルを下げていると言えるでしょう。

「日本でも18ホール運営だけではない、柔軟なスタイルのコースが増えてくれると有難いですね」とマイケル氏は言います。コロナ禍でゴルフを始める方が多くなった今、10年後20年後にメインとなるジュニア世代育成の環境作りが非常に大切になりそうです。

福島睦久

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Would you like to receive notifications on latest updates? No Yes