Thursday, March 30, 2023

干されてた南野拓実、モナコで久々の先発!監督、味方、現地紙の評価がこちら

リーグアンで5試合連続出場なしだったモナコの南野拓実が第22節クレルモン戦で久々に先発起用された。

17歳FWエリース・ベン・セギルの代役として起用された南野は85分までプレーし、チームも0-2で勝利した。

試合後、監督やチームメイトは南野についてこう述べていた。

(以下引用)

フィリップ・クレマン(モナコ監督)

「タキやマルセイユ戦でのエリオット・マタゾらがいい試合をするのを見れたのはとても嬉しい。

これが我々の強みだ。なぜなら、ここ数週間プレーしていなかった選手たちも肉体的・精神的に反応できることを見せつけたからね。

全ての選手がボールを持っている時、持っていない時にチームがやりたいことを理解している」

アクセル・ディザジ(モナコDF)

「(南野のプレーは)よかった。プレータイムの少ない選手たちも満足できるのは事実さ。

マルセイユ戦のエリオットもそうだった。これはこのグループにクオリティがあることを証明している。

プレーが少ない選手も関与しているし、シーズン終盤には全員がとても興味深いことをやる必要がある。

エリオットとタキのパフォーマンスは、みんなにメッセージを送るものだ。最後まで集中し、関心を持ち続けるようにね」

(以上引用)

地元紙『Monaco-Matin』でも、先発した南野は説得力あるプレーを見せたと評価していた。

【関連】「背番号10をやめた」10人のスター選手

現在4位のモナコは12日にPSGと対戦する。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Would you like to receive notifications on latest updates? No Yes